Tax accountant studying

【資格勉強のために】税理士の解答速報サービスを利用しよう

税金の専門家になるために

資格取得の方法とは

電卓

税理士とは依頼に応じて税務書類を作成したり、税務上のアドバイスなどを行う税務の専門家です。
税理士になるための方法は、試験に合格して実務経験を2年以上持つものや、23年以上税務署に勤務した国税従事者が税理士登録を経ることです。
ほかにも弁護士が所属弁護士が国税局長宛に税理士業務を行う旨の届出をすることで届出をした管轄内で税理士業務を行えます。
試験に合格する方法をとる場合、税理士試験のほか、公認会計士試験や弁護士試験のいずれかを受験することになります。
複数の選択肢が存在しますが、今回は税理士試験に絞って説明します。
試験を受けるためにはその受験資格を満たさなくてはなりません。
受験資格は複数設けられていてそのうちの一つでも満たせばよいとされています。
詳しい要件は国税庁のホームページに載せられていますが、指定された簿記試験の合格者、大学などでの法律学や経済学の履修、会計に関する業務に2年以上従事したことなどが条件とされています。
試験は科目ごとに合格判定が出されるため1科目ずつの受験もできます。
試験が終わるとそれぞれの予備校などが解答速報を出します。
多くの受験生はその解答速報を用いて自己採点をし、合格目標である60%の点数に達するかを確認します。
解答速報は問題自体に疑義があるため速報段階で答えが出せない場合や間違いが含まれることがあります。
解答速報を見る場合は少なくとも2種類以上のものを見ることをお勧めします。

誰でも気軽に利用が可能

文房具

難関試験とされる税理士試験に合格する為にはそれ相応の努力が求められます。
加えて、短期間での合格やストレートでの合格を目指す場合はより一層の努力と効率的な学習が求められると言えます。
短期集中で効率的に勉強したい方に最適なのが税理士試験の解答速報を使った勉強です。
解答速報で扱っているのは実際にこれまでに出された問題なので本番を想定した対策にもなりますし、模範解答も掲載されているので解答に至るまでの考え方も身に付ける事が出来ます。
なお、解答速報は予備校などが配信しているケースが多く、その道のスペシャリストが解答作成にあたっています。
その為、模範的な解答であるのはもちろん、分かりやすい解説も付されているので受験生にとっては非常に分かりやすいのが特徴です。
予想配点なども公開されており、どの問題でどれだけ稼いでおくのが良いかなど戦略的な考え方も記載がされているケースもあるので初めて受験する人にとっても強い味方となります。
また、解答速報はその予備校に通う予備校生以外でも閲覧する事が出来る様になっているのがほとんどなので、独学で税理士試験合格を目指している方も気軽に利用が行えます。
基礎学習の段階から解答速報を駆使して勉強するのはハードルが高いですが、基礎が固まった状態や最後の追い込み時期などには非常に有効なツールと言えるでしょう。
税理士試験の合格を目指す方は解答速報を効果的に活用する様にしましょう。

答え合わせに役立つ

計算する人

税理士などの国家資格を受験されている方にオススメなのが、資格スクールが行なっている解答速報です。
解答速報は、資格スクールがその年に行われた税理士の試験内容から、独自に予想した解答をインターネットなどで公開するものです。
税理士試験は、11科目から5科目を選択して受験する事になります。
その中で、必須科目は2科目です。
自分の得意分野を受験することが合格のカギとなる試験なので、すべての科目の模範解答が閲覧できる解答速報はこれから受験を目指す方の参考としても役に立ちます。
また、税理士試験は難関試験であるため、合格出来るまで何回も受験をされる方も多い試験です。
なので、一度合格した科目は将来も有効とされていることから、年数をかけて受験をされている方もいます。
また、確実に合格をするためには、すべての科目の模範解答を閲覧し自分にあった科目を見極めることが重要です。
税理士の試験が行われてすぐに解答速報を公開する資格スクールが多いので、自分自身の解答があっているか答え合わせとして利用される方も多く、人気があります。
解答速報は、自分がその資格スクールの生徒でなくても利用することが可能です。
これから受験を検討されている方は、解答速報の予想解答を閲覧することで、そのスクールではどのような答えを模範解答としているのかわかるのです。
なので、自分にあったスクールかどうか知ることが出来ます。
また、いくつかの資格スクールが解答速報を公開するので様々な模範解答を知ることが出来ます。
短期間での合格を目指す場合は、受験前から解答速報を活用すると資格取得しやすくなります。