Tax accountant studying

【資格勉強のために】税理士の解答速報サービスを利用しよう

税理関係の試験

予備校を吟味しよう

電卓とお金

税理士の資格試験は、国家資格試験の中でも難関な部類です。
そのため不合格になってしまう人も多く存在します。
税理士試験を受けた場合は、早めに解答速報を見て、合否を確認する事をお勧めします。
その理由は、合格が早く判明した方が安心が出来るからです。
また仮に不合格が判明した場合は、解答速報を早めに見た方が早期に来年度の対策を立てやすいというメリットがあります。
税理士試験は継続して勉強をすることが大切となります。
また間違った問題を放置せずに、しっかりと復習を行うことが実力向上のポイントとなります。
そのため解答速報を早く入手する必要があります。
資格試験予備校が解答速報を出しているケースがあります。
もっとも資格試験予備校によっても、解答速報の精度が異なるために注意をしましょう。
解答速報の精度が予備校ごとに異なる理由の1つとして、税理士試験は難関であるために解答が分岐することがあるからです。
そのため解答速報を参考にする場合は、合格実績が高い資格試験予備校を利用しましょう。
また講師や生徒の人数が多い資格試験予備校は、合格のために情報量が多いために、解答速報の精度が高いことが多いです。
そして税理士試験に合格後は、次のステップとして既存の独立している税理士事務所への就職活動など、多忙な日々が続くために、1日も早く解答速報を読んで、自分の合否を確認する必要があります。
予備校が発表する解答速報は会員制の所もありますので注意をしましょう。

自分で採点可能

勉強

税理士は国家試験の一つであり、難関資格の一つです。
試験は数値を算出するものと、論述問題があります。
数値を解答するものは答えにぶれは生じませんが、論述問題だと解答にぶれがでることになります。
そのため、大手予備校各社から解答速報が出されており、それぞれの予備校ごとに解答速報が異なることになります。
それぞれの予備校で解答速報を見て、自己採点を行ったり、採点してもらったりすることで、どの程度点数がとれたか判断することができます。
予備校ごとに解答速報が違うことから、自己採点の基準も一つずつ異なる点に注意が必要です。
税理士試験の特徴として、科目が選択制であること、科目合格があることが挙げられます。
必須科目と、選択科目があるため、選択科目においては点をとりやすい科目を選ぶこともできます。
また、税理士試験は一つの科目のみを受験することもできるため、一つ一つ確実に攻略していくこともできます。
合格した科目は生涯消えないので、いずれは確実に合格できる可能性が高いといえるでしょう。
ただ注意すべきなのが、将来の働き方を考えて選ぶべきということです。
企業の税理士として働きたいのか、個人を相手にして働きたいのかを考えて科目を選ばないと、合格したはいいものの、働くときに有利にならないこともあります。
企業で働くのならば法人税の知識は必須ですし、個人を相手にするのなら所得税の知識は必須です。
科目ごとの特徴もふまえて選ぶとよいでしょう。

間違えやすい点をチェック

電卓を持つ人

税理士試験は毎年行われる国家試験で、科目ごとに60%の得点を取れば合格となります。
税理士になるには簿記論および財務諸表論の2科目と、選択科目の税法のうち3科目で、合計5科目に合格しなければなりません。
ただし1年で5科目に合格する必要はなく、合格した科目は試験が免除されます。
科目によって合格率は異なりますが、例年12%〜18%程度になっており、難関国家資格のひとつと言えます。
各資格スクールでは毎年、最短で税理士試験の当日に、解答速報を公表するのが通例になっています。
国税庁が公式に解答を発表するわけではなく、解答速報は各スクールの講師が出した模範解答なので、絶対確実という保証はありません。
とはいえ経験豊富な受験の専門家が答えを出し、何重にもわたってチェックを受けているため、間違っている可能性は限りなく低いでしょう。
多くの解答速報には解説がついていて、間違えやすいポイントを再確認することができます。
また予想得点や合格ラインの情報を入手し、次の一手に結びつけることも可能です。
より詳しく傾向と対策を分析するため、解説会を開いているスクールもあります。
税理士試験は5科目一発合格者が珍しいことで知られており、ほとんどの受験生は長期戦を覚悟で試験に取り組んでいます。
苦手科目を克服するためには、まだ試験の記憶が新しいうちに、解答速報を利用してミスしやすいポイントをチェックするのが効果的な手段になります。